歯を白くするホワイトニングの方法、サロン、セルフ、ジェル、歯磨き粉の違い

大きく口を開けて笑うキラキラ女子

歯を白くするためのホワイトニングの方法には、

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • ホワイトニングジェル
  • ホワイトニング歯磨き粉

などがあります。

それぞれにメリット・デメリットがあります。
それは価格であったり、即効性であったり、効果であったり、などなど。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯医者やサロンでプロ(医師や歯科衛生士など)に行ってもらうホワイトニング方法です。

オフィスホワイトニング 効果や費用

高濃度のホワイトニング剤を塗布して、光を当てるなどして、歯を白くしていき、即効性が高いホワイトニングですが、施術費が5~10万円と価格がとても高いのがデメリットとなっています。

しかし、ホワイトニングのプロに行ってもらえるので安心感の部分でのメリットは大きなポイントになると思います。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは薬剤とマウスピースを用いて自宅で行うホワイトニング方法となり、薬剤とマウスピースに関しては専門のクリニックで処方してもらう、作ってもらうなどする必要があります。

ホームワイトニング 効果や費用

ホームホワイトニングでかかる費用は1ヶ月15,000~30,000円くらいが相場となっています。

最近ではもう少しお手軽に出来る市販のホームワイトニングも登場したりしています。

ホワイトニングジェル

ホワイトニングジェルは、基本的に自宅での歯磨きのあとに、ホワイトニングジェルを使ってブラッシングするホワイトニング方法となります。

ホワイトニングジェル 効果や費用

かかる費用が1ヶ月3000円くらいで、効果も高く、コスオパフォーマンスが良く、手軽に自宅でホワイトニングをしたい方に人気となっています。

多数のホワイトニングに関する口コミや評判をみても、もっとも価格や効果、続けやすさ、などバランスが良いホワイトニング方法でおすすめです。

ホワイトニング歯磨き粉

もっとも手軽にホワイトニングが出来るホワイトニング歯磨き粉です。

これまでにいつも使っていた歯磨き粉をホワイトニング効果のある歯磨き粉に変えるだけです。

しかし、手軽に出来る分、歯を白くする効果はほかのホワイトニング方法と比べると弱くなるようです。

ホワイトニング歯磨き粉 効果や費用

かかる費用も1ヶ月1500~2000円程度ですので続けやすいので地道に続けることで効果を発揮する可能性もあります。

ただ、ホワイトニング歯磨き粉には研磨剤や発泡剤が含まれていることが多いので注意する必要もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加